ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

介護保険サービスの利用手続きについて(申請・認定)

2021年04月01日掲載

介護保険のサービスを利用するには、介護や支援が必要な状態かどうかの認定(要介護・要支援認定)を受ける必要があります。まず、要介護・要支援認定は、市の窓口で申請するところから始まります。

申請をします

介護保険サービスを利用できる人

  • 第1号被保険者(65歳以上の人)・・・原因を問わず、日常生活を送るために介護や支援が必要な人
  • 第2号被保険者(40歳以上65歳未満の人)・・・医療保険加入者で、下記の病気(特定疾病)が原因で日常生活を送るために介護や支援が必要な人
  1. ガン末期
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗しょう症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞 等)
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎 等)
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

介護申請に必要なもの

  • 申請書(窓口にて配布しています。またホームページからダウンロードも可能です。)
  • 介護保険被保険者証(原本)
  • 個人番号カード、通知カードの原本もしくは写し等
  • ※代理人が手続きに来られる場合は、代理人の身元を確認できる書類
  • ※40歳以上65歳未満の人は医療保険被保険者証(写し)

介護申請に関して確認していただきたい項目

  • 主治医の病院名、氏名
  • 認定調査時の立会者の連絡先
  • 特定疾病名(40歳以上65歳未満の人のみ)

申請場所・受付時間

富士宮市役所1階 高齢介護支援課 午前8:30から午後5:15まで(土、日、祝日及び年末年始を除く)

  • 申請手続きには、30~40分程度かかりますので、お時間に余裕を持ってお越しください。
  • 申請は、本人または家族などのほか成年後見人、地域包括支援センター、省令で定められた居宅介護支援事業者や介護保険施設等に代行してもらうこともできます。

要介護認定が行われます

認定調査

市区町村の職員などが自宅を訪問し、心身の状況について本人や家族などから聞き取り調査などを行います。

主治医意見書

本人の主治医に、介護を必要とする原因疾患や心身の状況などについて記入してもらいます。
(事前に、主治医に介護認定の申請や意見書記入の相談をし、承諾を得ておいてください。)

  • 問診票について

主治医が意見書を作成するにあたり、日常の様子や状態を正確に把握するため、問診票の提出が必要となります。わかる範囲で記入して、早めに医療機関の窓口に提出してください。(入院中など状況により、問診票の提出を求めない医療機関もあります。)
また、問診票の提出だけでなく、改めて受診が必要となる場合もありますので、医療機関の指示に従ってください。

審査・判定が行われます

認定調査の結果と主治医意見書をもとに、介護の必要性の有無・程度などについて審査します。

結果を通知します

認定結果通知書と介護保険被保険者証を郵送します。
要介護状態区分(結果)は、非該当、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5です。
新規申請や区分変更申請の場合、要介護認定を受ければ申請日にさかのぼって有効となります。

介護サービス計画を作成・利用します

介護保険のサービスは、介護サービス計画にしたがって提供されます。

非該当(自立)の認定を受けた人

地域包括支援センターと、どのようなサービスが必要か相談し、総合事業の利用等を検討していくことになります。

要支援認定(要支援1,2)を受けた人

地域包括支援センターと、どのようなサービスが必要か相談し、計画を立てることになります。

要介護認定(要介護1~5)を受けた人

居宅介護支援事業者のケアマネージャーと、どのようなサービスが必要か相談し、計画を立てることになります。

注意事項・備考

申請から認定まで、1ヶ月~1ヶ月半程度かかります。
認定結果がでるまでの間にサービスを利用したい場合は、暫定の介護サービス計画を作成したうえでのサービス利用となります。
ただし、認定結果が非該当(自立)と判定された場合は、全額自己負担(10割負担)となりますのでご注意ください。
 

その他

障害者控除対象者認定書

(65歳以上かつ要介護1以上の方)
 ※対象要件があります。詳しくは認定審査係までお問い合わせください。

障害者控除対象者認定書申請に必要なもの

  • 申請書(窓口にて配布しています。)
  • 申請をする人の身分のわかるもの(提示していただく場合があります。)

おむつ代医療費控除証明確認書

(おむつ代の医療費控除を受ける2年目以降の人)
 ※対象要件があります。詳しくは認定審査係までお問い合わせください。

おむつ代医療費控除証明確認書申請に必要なもの

  • 1年目のおむつ使用証明書のコピー
  • 申請書(窓口にて配布しています。)
  • 申請をする人の身分のわかるもの(提示していただく場合があります。)

※「障害者控除対象者認定書」および「おむつ代医療費控除確認書」は申請をいただいた後、郵送いたします。申請から郵送までに1,2週間かかりますので、申請時期にご注意ください。

※「障害者控除対象者認定書」は、障害者手帳を発行する申請ではありません。障害者手帳の交付については、障がい療育支援課 障がい支援係(0544-22-1145)までお問い合わせください。

お問い合わせ

保健福祉部 高齢介護支援課 認定審査係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1474

ファックス番号: 0544-28-4345

メール:kaigo@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る