ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

木材生産等機能維持林

2019年11月12日掲載

 森林経営計画に基づく収穫保続による主伐再造を行う。


 森林のもつ公益性、経済性が併存できる森林経営を目的とした優良材の生産に努める。木材需要に対応した原木の安定供給を図り、木材として利用し再造林することで、CO2を積極的に吸収・固定化し、地球温暖化防止に貢献する。また、間伐材についても、出来るだけ木材として利用しています。

木材のゆくえ

 間伐材や主伐材は、静岡県森林組合連合会富士営業所の市況にて地元の製材工場に落札され販売しています。また、近年は富士地域で稼働(2015年)した株式会社ノダに合板材としても販売し、殆どが建築用資材として流通しています。

市有林水ケ平西土場 間伐材を山土場に集め大型トラックで運搬します。

県森連富士営業所 県森連富士営業所市況

富士ヒノキの柱 富士ヒノキの柱

富士ヒノキの家 富士ヒノキの家

新築富士ヒノキ柱 富士ヒノキの柱 白い養生シートに巻かれ高級感があります。

新築ノダ合板 合板材

富士宮フェスタ 林業祭 親子木工教室

 森林の持つ機能や役割及び木の温もりや富士山で育った「富士ヒノキ」について、広く市民に対し啓発活動を行っています。毎年大盛況の木工教室は、学校法人富嶽学園日本建築専門学校のご支援をいただいております。

林業祭日本建築専門学校 日本建築専門学校の学生たち

林業祭受付 林業祭受付

SGEC森林認証パネル展 SGEC森林認証パネル展

林業祭パネル東京2020 TOKYO2020 SGEC森林認証材で富士宮市がおもてなし

先生は建築専門学校の学生さん、上手にできるかな? 先生は建築専門学校の学生さん、上手にできるかな?

一番人気のべんりボックス 一番人気のべんりボックス

親子木工教室

親子木工教室2

親子木工教室3

木工教室 ミニイス

木工教室

カンナ体験 富士ヒノキ カンナ削り体験

公共施設

 市では公共施設はできる限り富士山で育った木材を利用する様、努めています。事例として市立大宮保育園は富士山で育った富士ヒノキをふんだんに使っています。木目は子供たちの想像力を豊にし、紫外線を吸収したり殺菌効果や湿度調整もしてくれるため、インフルエンザの感染率もPC造の校舎と比べ半分以下で、このような環境なら子供たちを安心して預けられそうです。2016年にはSGEC森林管理認証を取得し、なんと!富士山世界遺産センターのシンボルである木格子に、私たちの富士山で育った市有林のヒノキが使われています。

大宮保育園 市立大宮保育園

大宮保育園 机も椅子も全て富士ヒノキ

富士山遺産センター 富士山世界遺産センター

間伐材利用いろいろ

森林のはたらきパネル展 森林のはたらき木製パネル

パソコン台DT パソコン台 手首が疲れません

木製パソコン台 パソコンを浮かすことで放熱効果

キーホルダー 富士山木ーホルダー

富士ひのきメール 富士ひのきメール

富士山3Dカレンダー 富士山3Dカレンダー

ご覧いただきありがとうございました。引き続き下記リンクをご覧いただければ幸いです。

お問い合わせ

産業振興部 農業政策課 林業係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)

電話番号: 0544-22-1153

ファックス番号: 0544-22-1207

メール:nosei@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る