ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

高齢者運転免許証自主返納支援事業 富士宮市公共交通補助券について

2021年05月01日掲載

運転免許証を自主返納した満65歳以上の方に交付している富士宮市公共交通補助券について掲載しています。

富士宮市公共交通補助券について

富士宮市では、高齢ドライバーによる交通事故の減少と公共交通の利用促進を目的に、運転免許証の自主返納を行った高齢者に対し、自動車・バイクに代わる移動手段の支援として「富士宮市公共交通補助券」を交付しています。

対象者

富士宮市に住民基本台帳に登録されている満65歳以上で、運転免許証を全て自主返納した方

内容

市営公共交通(宮バス・宮タク)およびバス事業者の路線バス・高齢者優遇定期券・一般タクシーで利用できる「富士宮市公共交通補助券」(以下、補助券)を1回限り交付しています。

補助券の交付額は、返納した日によって異なります。

返納日 補助券交付額
平成25年10月1日
~令和2年3月31日
5,000円分
令和2年4月1日
~令和3年3月31日
10,000円分
令和3年4月1日~ 30,000円分

なお、補助券には期限があります。
令和3年度に交付している補助券の有効期限は、令和7年3月31日です。

申請方法について

富士宮市公共交通補助券の交付申請方法について説明します。

1.運転免許証を自主返納する

警察署または免許センターで運転免許証を自主返納します。
その際、静岡県公安委員会発行の「申請による運転免許の取消通知書」を受け取ります。

運転免許証自主返納に関するお問い合わせ:富士宮警察署 交通課 免許係 TEL(0544)23-0110


また、返納時に「運転経歴証明書(手数料1,100円)」を作ることができます。
※静岡県タクシー協会に所属しているタクシーに乗車する際に「運転経歴証明書」を提示すると、タクシー乗車賃が1割引になります。

2.補助券の申請をする

富士宮市役所5階の交通対策室で補助券の申請をします。
補助券は交通対策室の窓口で即日交付しますので、必ず「申請による運転免許の取消通知書」を持って申請をして下さい。

本人が窓口に申請に来られない場合は、代理人による申請も可能です(委任状が必要です)。

なお、「申請による運転免許の取消通知書」を紛失した場合は、警察で再発行できます。
再発行には運転経歴証明書が必要です。

参考資料

富士宮市公共交通補助券の利用について

補助券が利用できるのは次の通りです。

市営公共交通(宮バス・宮タク)

・宮バスの乗車賃
 市内を走るコミュニティバスです。

・宮タクの乗車賃
 市内を9つのエリアに分けて運行している、デマンド型の乗合タクシーです。

富士急静岡バス株式会社

・路線バスの乗車賃
 ※市内で乗降が完結する場合に限る

・富士急シルバー定期券の購入
 富士急グループ路線バス(一部の特定路線と高速バス除く)が乗り放題になる定期券です。

その他詳細は富士急静岡バスまでお問い合わせください。

お問い合わせ先:
富士急静岡バス株式会社 富士宮営業所 TEL(0544)26-8151

富士急バス株式会社

・路線バスの乗車賃
 ※市内で乗降が完結する場合に限ります

山梨交通株式会社

・路線バスの乗車賃
 ※市内で乗降が完結する場合に限ります

・ゴールド定期券の購入
 山梨交通路線バスが乗り放題になる定期券です。

その他詳細は山梨交通までお問い合わせください。

お問い合わせ先:山梨交通株式会社 静岡営業所 TEL(0544)27-01111

一般タクシー

・一般タクシーの乗車賃
 ※乗降のどちらかが市内の場合に限ります

 対象タクシー事業者
 第一交通有限会社、岳南自動車株式会社、ホンダタクシー株式会社、
 富士宮交通株式会社、株式会社須走タクシー、ミヤマタクシー株式会社、
 有限会社フリーウェイ

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

市民部 市民生活課 交通対策室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所5階)

電話番号: 0544-22-1152

ファックス番号: 0544-22-1284

メール:kurashi@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る