ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

受領委任払いについて (住宅改修・福祉用具購入)

2018年06月08日掲載

介護保険制度を利用して住宅改修や福祉用具を購入するときの手続きについて掲載しています。


介護保険の住宅改修費や福祉用具購入費は、利用者本人が事業者へ全額(10割)を支払い、その後、市役所に申請をして、保険給付分の支給を受ける方法(償還払い)を原則としています。  
富士宮市では、この「償還払い」のほかに、平成25年6月から「受領委任払い」での申請の受付を開始しました。

償還払いと受領委任払いの違いについて

償還払い

利用者が一旦費用の全額(10割)を支払い、その後に申請して保険給付(※9割、8割、または7割)の支払いを受けます。
福祉用具購入については県の指定を受けた事業者から選ぶことになります
(富士宮市内の事業者は介護保険事業者一覧をご覧ください)。
住宅改修の事業者については特に指定はありません。
※自己負担は負担割合証にてご確認ください。

受領委任払い

利用者の負担は初めから1割、2割、または3割(※)で済み、保険給付される残りの分については利用者からの委任に基づき、富士宮市から事業者に直接支払います。 
富士宮市に登録のある下記の事業者一覧から事業者を選ぶことになります。
(富士宮市に受領委任払の業者登録が済んでいる事業者の一覧です。
富士宮市が推薦する業者ということではありません)
※自己負担は負担割合証にてご確認ください。

利用者の皆様へ

住宅改修や福祉用具を購入される方は下記リンク先の申請書をご利用ください。

事業者の皆様へ

事業者が受領委任払いを取り扱うためには、事前に富士宮市に登録していただく必要があります。
高齢介護支援課までご連絡ください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

保健福祉部 高齢介護支援課 介護保険係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1141

ファックス番号: 0544-28-4345

メール:kaigo@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る