ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

景観重要建造物

2020年04月16日掲載

景観重要建造物の概要と、富士宮市指定の景観重要建造物について掲載しています。

景観重要建造物とは

景観重要建造物は、景観法に基づき、地域の良好な景観形成に重要な建造物について、所有者などの意見を伺った上で景観行政団体の長(市長)が指定する制度です。
富士宮市では、地域の良好な景観形成を図る上で重要であり、将来にわたり保全していくべき物件を景観重要建造物に指定するとともに、所有者の方々への支援を行うことで、個性ある景観づくりの核となる建造物の保存と活用を図っています。
※富士宮市は、平成19年に景観行政団体となりました。

景観重要建造物の指定方針

富士宮市景観計画において、景観重要建造物の指定方針を以下のとおりとしています。

  • 地域の自然や歴史、文化などから見て、建造物の外観がこれらの特徴を表しており、地域の特性を表現している建造物
  • 優れたデザインを有し、地域のシンボルとなっており、良好な景観を形成している建造物
  • ランドマークになっていることやアイストップに位置するなど、地域の景観形成において重要な要素となっている建造物

景観重要建造物の紹介

平成27年3月26日、当市初の景観重要建造物として第1号「富士高砂酒造」を指定しました。
平成29年11月9日、富士高砂酒造の「新蔵」を追加指定しました。
令和2年1月10日、第2号「牧野酒造」を指定しました。

指定番号第1号 富士高砂酒造 

富士高砂酒造 店舗兼事務所富士高砂酒造・店舗兼事務所

富士高砂酒造 蔵富士高砂酒造・蔵

店舗兼事務所 店舗兼事務所

蔵

景観重要建造物 標識板 景観重要建造物・標識板

指定番号 第1号
指定日 平成27年3月26日(新蔵指定 平成29年11月9日)
名称 富士高砂酒造
所在地 富士宮市宝町9-25
所有者 富士高砂酒造株式会社
建築年 江戸末期~大正初期
構造・階数 木造平家建、一部2階建
特徴等 ・1830年(天保元年)に現在の地に酒蔵を構え、180年以上にわたり山廃造りと呼ばれる製法で酒造りを行っています。
※山廃造り…木造建築物に住み着く菌等を利用して自然に発酵させる酒造方法
・酒造技術の発展により、蔵を一般見学者へ開放することが可能となったため、平成20年に敷地を覆っていた塀を撤去するなどの施設改修を行いました。蔵が道路から見えるようになったことで、地域のランドマークとしての景観的な価値も高まりました。
・店舗兼事務所は、明治初期に磐田市にあった農家住宅を移築したもので、建物の外観は瓦葺きの低い軒や板張りの外壁となっており、歴史ある酒造らしい趣があります。
・第2回(平成22年度)富士宮市景観賞 最優秀賞 受賞
その他 薬師蔵には、明治初年の廃仏毀釈運動の際、富士山より降ろされたという仏像類(薬師如来立像等)が祀られています。

指定番号第2号 牧野酒造 

牧野酒造・全景牧野酒造・全景

土蔵 土蔵

門・塀 門・塀

煙突 煙突

指定番号 第2号
指定日 令和2年1月10日
名称 牧野酒造
所在地 富士宮市下条1037番地
所有者 牧野酒造合資会社
建築年 土蔵:江戸末期~明治初期頃
門・塀:築50年以上(詳細不明)
煙突:大正~昭和初期
構造 土蔵:木造平屋建
門・塀:木造
煙突:コンクリート造
特徴等 ・創業は1743(寛保3)年、江戸中期で、富士山の湧き水が豊富な現在の地に酒蔵を構え、地元米を取り入れ、冬の富士山からの冷気や夏の穏やかな暖かさを活かし、280年近くにわたり酒造りを行っています。また、100年以上の歴史を持つ能登杜氏により、仕込みを行っています。
・平成29年、入り口脇の蔵の外壁改修の際、外壁色を朱色からダークブラウンにしたことで、隣接する既存の赤瓦屋根の旧蔵とシンボリックな樹木(モクセイ)や当時の酒造りには欠かせなかった煙突、後方にそびえる富士山とを合わせた風景が存在感を増し、地域のランドマークとしての景観的な価値も高まりました。
・門・塀の基礎には装飾として溶岩石が使用され、その施工精度は高く、また黒塀との組み合わせは風情があります。
・第6回(平成30年度)富士宮市景観賞 最優秀賞 受賞

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 景観係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所5階)

電話番号: 0544-22-1408

ファックス番号: 0544-22-1208

メール:toshi@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る