ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

令和2年度予算

2020年03月17日掲載

富士宮市の令和2年度当初予算書をPDFで掲載しています。

令和2年度予算の概要

 令和2年度の予算は、昨年10月の消費税率10パーセントへの引上げが、今後の地方の経済及び財政にどのような影響を及ぼすのか不透明な状況において編成することとなりました。
 本予算の編成に当たり、合併算定替えの終了による地方交付税の減少が見込まれることに加え、急速な少子高齢化の進展や人口減少への対応、インフラを含めた公共施設等の老朽化対策などの大きな課題を抱えながらも、財政の健全性に配慮しつつ、財政調整基金を始めとする基金を有効に活用し、本市の目指す将来都市像を実現するための施策に積極的に予算措置しました。
 また、令和2年度は、「第5次富士宮市総合計画前期基本計画」の仕上げの年であると同時に、令和3年度から始まる後期基本計画に加速した状態でバトンをつなぐための助走に踏み出す年でもあります。
 そのため、事業の緊急度や優先度を見極め、選択と集中を図るとともに、事務事業の見直しにより経常経費の増加を最小限に抑え、限られた財源を有効的かつ効果的に活用することにより、将来世代に過度な負担をさせないよう「持続可能な財政運営」を念頭に置き、予算編成に努めました。

 その結果、一般会計の当初予算額は、447億6,000万円となりました。 (前年度比24億6,000万円、5.8%増)

3つの重点取組

恵み豊かな未来づくり~世界遺産富士山の恵みを保全し、活用する~

いきいき元気な未来づくり~安全・安心なまちで、健康を育み元気に暮らす~

誰もが輝く未来づくり~人とまちが輝き、人口減少社会に打ち克つ~

7つの基本目標(主な新規事業)

富士山の自然と調和した循環力があるまちづくり(環境)

富士山の麓から創造力と活力がみなぎるまちづくり(産業)

みんなの幸せと潤いを創出するまちづくり(健康福祉)

郷土に学び郷土を愛する心豊かな人を育むまちづくり(教育文化)

富士山の魅力を発揮した快適なまちづくり(都市整備)

豊かなコミュニティを持つ安全・安心なまちづくり(市民生活)

市民と一緒に取り組むまちづくり(市民参加・行財政)

令和2年度会計別予算書

特別会計予算書

企業会計予算書

資料

お問い合わせ

財政部 財政課 財政係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所3階)

電話番号: 0544-22-1115

ファックス番号: 0544-22-1206

メール:zaisei@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る