ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

無症状者向けPCR検査 Q&A

2020年10月29日掲載

無症状の方が対象となるPCR検査を希望する際の参考としてご覧ください。

検査の方法について

Q.検査の申込はいつからできますか?

A.検査の申込は事由発生予定日(陽性者・濃厚接触者との接触日、感染拡大地域の訪問日)を含めて1週間前から可能です。

Q.検査はいつ受けることができますか?

A.検査は事由発生日より前に受けることはできません。
市内在住の方は、事由発生後、その日を含めて2週間以内に受けることができます。
市外在住の方は、事由発生後、2週間以内かつ帰省した日から1週間以内に検査を受けることができます。

Q.検査時間の指定はできますか?

A.市で予約確保できるのは日にちのみです。その後、予約者様が直接医療機関にご連絡いただき、時間や検査方法等を確認していただきます。

Q.検査を受けるまで、受けた後の結果が判明するまでの行動制限はありますか?

A.市で行動制限は設けておりません。しかし、不要不急な外出や公共交通機関等の利用をできるだけ控えていただきますようお願いいたします。また、各利用機関(職場、保育園、デイサービス等)から指示があれば、その指示に従ってください。

Q.検査はどこで実施していますか?

A.市内の一部の医療機関で実施しています。ただし、問い合わせが集中するような事態を避けるため医療機関名は公表しておりません。
市が検査対象と判定した方にのみお伝えしております。

Q.検査場所にはどのようにいけばいいですか。

A.基本的にはタクシーや公共交通機関等のご利用は避けていただき、自家用車での移動をお願いします。
また、検査方法を車内検査としている医療機関もございますので、事前にご確認ください。

Q.どのような検査方法ですか?

A.現在、市内でPCR検査を実施している多くの医療機関が唾液検査を行っています。医療従事者の指示の下、ご自身で検体の採取をしていただきます。なお、一部の医療機関において、唾液以外の方法で検体採取場合がありますので、直接ご確認ください。

Q.検査結果はいつ判明しますか?

A.多くの医療機関では、唾液検査の場合、即日結果が判明することはありません。
検体を採取した後、検査機関に輸送して検査することから、検査結果の判明に数日かかりますので、あらかじめご了承ください。

Q.検査はだれでも受けられますか?

A.唾液を採取する場合、自分の意志で唾液を出すことができれば検査が可能です。
年齢制限はありませんが、乳幼児などの小さいお子様ですと難しいと思われます。

Q.検査にかかる金額はどの程度ですか?

A.本制度の検査は保険適用外の検査となります。自由診療であるため医療機関によって差があるため一律の金額ではありませんが、概ね3万円程度となっています。

Q.支払いはどのようにすればいいですか?

A.検査時にかかる費用を全額医療機関にお支払いください(その際に領収書を忘れずにもらってください)。
その後、市に補助金を申請いただくと、かかった費用の一部、または全額を指定された口座にお振込みいたします。

Q.検査結果はどのように分かりますか?

A.検査を実施した医療機関から連絡します。詳しくは検査の際に医療機関にご確認ください。

市民の方が検査を希望する場合

Q.基礎疾患とはなにを指しますか?

A.慢性閉塞性肺疾患、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患の5つを指します。

Q.訪問先はどこでも対象となりますか?

A.当市が感染拡大地域としている地域のみとなります。静岡県のホームページで毎週更新している「6段階警戒レベル」と「レベル毎の行動制限」のページにある、本県を訪問欄のうち「訪問の自粛」、「特に慎重に行動」欄に記載されている都道府県が対象となります。

Q.行き先は感染拡大地域ではないが、感染拡大地域から来た人と接触する場合、制度の対象となりますか?

A.対象になります。

Q.行き先は感染拡大地域ではないが、新幹線の乗り換え等で感染拡大地域を経由する場合、制度の対象となりますか?

A.対象になります。

市民以外の方が検査を希望する場合

Q.感染拡大地域(経由を含む。)から市内の実家に帰省するのは制度の対象になりますか?

A.対象になります。

Q.市内に知り合いの家があり訪問する場合、制度の対象となりますか?

A.対象になりません。
基本的には、市内に実家や親戚(直系2親等以内)の家があり帰省する場合が対象となります。

Q.感染拡大地域から日帰りの帰省をする場合、制度の対象となりますか?

A.対象になりますが、検査結果が判明するまでの期間が医療機関によって異なります。即日判明する医療機関もありますが、多くの医療機関が2、3日後に判明することを踏まえて、検査を受けるかご検討ください。

Q.市外在住で勤務先が市内だが、出張で感染拡大地域を訪問した場合、制度の対象になりますか?

A.特定業種(保育・小中学校・高等学校等の教育関係、介護、障がい等の福祉関係)以外は対象になりません。

Q.年末年始に帰省する予定だが、検査を受けることができますか?

A.年末年始は、医療機関がお休みとなってしまうため検査を受けることができない可能性があります。年末年始の直前や直後は可能な限り避けて、余裕のあるスケジュールでの帰省をご検討ください。

補助申請について

Q.振込先は会社の口座でも問題ありませんか?

A.お振り込みできません。個人の普通口座のみとなります。

Q.申請期日はいつまでですか?

A.令和3年3月31日までに申請をしてください。

Q.本人確認書類の写しは顔写真がないものでもいいですか?

A.問題ありません。

Q.インターネットバンク等で通帳がない場合、通帳の写しの提出はどうすればいいですか?

A.キャッシュカードの写しやインターネットでの照会画面の写し等で、銀行名、記号番号、名義が分かるものをご提出ください。

Q.何度でも補助申請が可能ですか?

A.回数制限はありません。ただし、検査を受ける度に申請が必要です。

海外渡航について

Q.海外出発する前に検査を受けたいが、制度の対象になりますか?

A.対象になりません。ビジネス渡航者向けにPCR検査を実施している医療機関がございますので、そちらにお問い合わせください。

その他

Q.新型コロナウイルスの症状(発熱等)がある場合はどうしたらいいですか?

A.こちらでご案内しているのは症状のない方へのPCR検査となっております。すでに症状がある場合は医療機関へ電話でご相談ください。診察医の判断に基づき、必要であればPCR検査を受けることが可能です。
※かかりつけ医等がない場合は、県発熱等受診相談センターにご相談してください。(TEL:050-5371-0561 24時間対応)

Q.かかりつけ医の診察の結果、PCR検査は不要となったが検査を受けたい場合、どうしたらいいですか?

A.症状がある場合は、こちらでご案内しているPCR検査は受けることができません。様子をみていただき、症状が今後も続く、またはひどくなる場合は、再度かかりつけ医の診察を受けて判断を仰いでください。

Q.別の検査予定がすでにあるが、市の検査をうけることがはできますか?

A.別の検査を予定している場合は、その検査を受診してください。保健所の検査が予定されている場合は、保健所の指示に従ってください。

Q.訪問や接触はなく症状もないが、とにかく検査を受けたい場合、どうすればいいですか?

A.市の制度対象にはなりません。全額自己負担となりますが、PCR検査を受けることができる医療機関がありますので、そちらで受診してください。

Q.これから感染拡大地域から富士宮市内に引っ越す予定だが、制度の対象となりますか?

A.実家が富士宮市内にある場合は、帰省として制度の対象となります。そうでない場合は、富士宮市への転入手続き完了後に制度の対象となります。

PCR検査のお問い合わせ先

電話:0544-22-1250
E-mail:pcr_yoyaku@city.fujinomiya.lg.jp

お問い合わせ

保健福祉部 福祉企画課 福祉企画係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1457

ファックス番号: 0544-22-1277

メール:fukushi@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る