ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

『富士山環境展8ワークショップ 鹿革ペンケース作り』講座を開催しました! 富士山環境交流プラザ

2019年03月29日掲載

【3月23日開催】やわらかいタンニンなめしの鹿革でオリジナルのペンケースを作りました!


ペンケース1

ペンケース2

鹿革ペンケース作り、まずはカラフルな革の中から好きな色の組み合わせを選んでいきます。
縫い目を表にするか、裏にするかでペンケースの表情も変わります。
今回は赤い革が人気があったようです。

講師は富士山環境展実行委員長でもある遠藤和帆さん。
染織家でもあり、革の作家さんでもあり、多彩な顔をお持ちの方です!

ペンケース3

ペンケース4

細長い革に型をあて、印を付けたらファスナーの穴をくりぬきます。
ボンドでファスナーをくっつけたら、目打ちで穴を開け、ひと針ひと針手縫いしていきます。
穴が開いているので、すいすい縫えるのが革クラフトの楽しいところです。
ファスナーを縫い付けたら、本体の革にも目打ちで穴を開けていきます。

ペンケース5

ペンケース6

ファスナー部分と本体を縫い合わせたら完成です!
シンプルで使いやすそうなペンケースが出来上がりました。糸もカラフルで素敵です。
鹿革は永く使うことで手に馴染んでいくそうです。
ぜひ毎日使っていただきたいですね。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!

お問い合わせ

富士山環境交流プラザ

〒418-0011 富士宮市粟倉1618番地の9

電話番号: 0544-59-0050

ファックス番号: 0544-59-0050

メール:fkk_plaza@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る