ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

住宅用家屋証明書

2018年06月27日掲載

住宅用家屋証明書について掲載しています。


概要 住宅を取得した個人が居住し、一定の要件を満たした家屋については、登記の際にかかる登録免許税が軽減されます。その軽減を受けるために申請する証明書です。
申請書に申請者本人の印を押印いただくか、申請者本人の印を押印した委任状が必要となります。
申請書以外に提出する書類 取得した家屋の状態によって提出書類が異なります。備考欄を参考に、不明な点については収納課までお問い合わせください。
手数料等 1通1300円
受付窓口 本庁1階 収納課
午前8時30分~午後5時15分
(土、日、祝日及び年末年始を除く)
備考 適用家屋の要件及び必要添付書類

(共通要件)
● 個人が自己の居住の用に供する家屋であること。
● 床面積が50平方メートル以上であること。
● 併用住宅については、店舗、事務所等の床面積が全体の1割未満であること。
● 区分所有建築物については、建築基準法上の耐火または準耐火建築物であること。
● 当該家屋の所在地に、住民票の転居(転入)手続きを済ませていない場合は、申立書と現在住んでいる家屋の処分方法がわかる書類も必要。

新築した家屋の場合
(要件)
● 建築後1年以内の家屋
(必要書類)
・住民票の写し
・確認済証
・登記事項証明書(表示登記申請書・登記済証)
・登記完了証(登記事項証明書があれば不要)
・長期優良住宅の場合は認定通知書

建築後未使用の家屋の場合
(要件)
● 取得後1年以内の家屋(売買または競落等によるもの)
(必要書類)
・住民票の写し
・確認済証
・登記簿謄本(登記事項証明書または表示登記申請書+登記完了書)
・売渡証書、売買契約書、譲渡証明書、登記原因証明情報等、家屋の取得年月日がわかるもの。競落の場合は代金納入済領収書(領収の日付=取得日)
・家屋未使用証明書(新築後使用されたことのない証明。原本を提出いただきます)
・長期優良住宅の場合は認定通知書

建築後使用されたことのある家屋(中古住宅)の場合
(要件)
● 取得後1年以内の家屋で、取得原因が売買または競落によるもの
● 木造・軽量鉄骨造 取得日から20年以内に建築されたもの
● 耐火構造 取得日から25年以内に建築されたもの
 ※ただし、建築士等が発行する「耐震基準適合証明書」等を添付して申請した場合は、建築後20年超(耐火建築物の場合は25年超)の建物でも特例の対象になる。
(必要書類)
・住民票の写し
・登記事項証明書
・売渡証書、売買契約書、譲渡証明書、登記原因証明情報等(取得年月日がわかるもの)、競落の場合は代金納入済領収書(領収の日付=取得日)

その他、状況によっては申立書等の書類が追加で必要になる場合があります。詳しくは収納課(0544-22-1128)までお問い合わせください。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

財政部 収納課 税制係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所1階)

電話番号: 0544-22-1128

ファックス番号: 0544-22-1227

メール:syuno@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る