ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

第3回(平成24年度)富士宮市景観賞

2016年04月01日掲載


表紙

富士宮市では、優れた景観形成に貢献しているまちなみ、建築物、広場、水辺、森林、農地等及び活動団体等を募集、表彰し、その内容を広く公開することで、景観に対する市民の皆さんの意識を高め、美しいまちづくりを推進することを目的に、平成20年度から隔年で富士宮市景観賞を開催しています。

第3回目となる今回は、応募総数8件の中から厳正なる審査の結果、最優秀賞1地区、優秀賞2地区が決定しました。

最優秀賞受賞地区

最優秀賞 沼久保地区水辺の学校運営委員会(応募部門:景観づくり活動部門)

最優秀賞 沼久保地区水辺の学校運営委員会

優秀賞受賞地区

優秀賞 井之頭区民館(応募部門:まちなみ・うるおい部門)

優秀賞 井之頭区民館

優秀賞 オープンガーデン富士宮(応募部門:景観づくり活動部門)

優秀賞 オープンガーデン富士宮

その他の応募地区

アイグスタウン富士宮(まちなみ・うるおい部門)
うるおい橋のある景観(まちなみ・うるおい部門)
あさぎりフードパーク(富士山部門)
稲瀬川景観づくり活動(景観づくり活動部門)
縄文の里「久保幸区」(景観づくり活動部門)

応募地区の位置図

応募地区の位置図

表彰

平成25年2月6日に富士宮市民文化会館において表彰式がおこなわれました。

表彰式

市制施行70周年記念 第3回富士宮市景観賞表彰式・記念講演会

日時:平成25年2月6日(水) 午後2時30分~午後4時
会場:富士宮市民文化会館 小ホール
定員:100名(入場無料 ※事前申込み不要))
内容:
第1部 表彰式
・応募地区の紹介
・最優秀賞・優秀賞受賞地区に賞状・記念品の授与
・講評 天野 光一氏
市制施行70周年記念第3回富士宮市景観賞 審査委員/日本大学理工学部教授/富士宮市景観審議会会長

第2部 記念講演会『富士山の“けしき”と観光』
講師 大久保 あかね氏
富士常葉大学総合経営学部教授/富士宮市景観審議会委員

表紙

第3回富士宮市景観賞について

募集対象

  • 市内で優れた景観の形成に貢献しているまちなみ、建築物、広場、水辺、森林、農地等及び活動団体等
  • まちなみ・うるおい部門、富士山部門、景観づくり活動部門の3部門
  • 道路などの公共の場所から見ることができるもので、人が何らかの関わりを持って形成されているもの   が対象になります。

選考基準(募集部門)

『まちなみ・うるおい部門』

  • 歴史、文化を残しているまちなみや、地域の個性と魅力が活かされているまちなみ、背景となる山や   川等と調和しているまちなみ
  • 周囲の環境と調和して景観を引き立たせている建築物、新たな景観資源となるシンボル的な建築物
  • 緑化や広場の創出、水辺、森林、里山、屋敷林や農地の活用・保全などで、水と緑、自然を活かした   魅力的な景観をつくりだしているもの
  • まちかどや集落の小空間を利用してうるおいを創出しているもの
  • 周囲の環境と調和し、意匠・色彩・素材などの表現が優れた屋外広告物、工作物など

『富士山部門』

  • 富士山を引き立たせる風景を創出して利用・管理されている農地や森林
  • 富士山の景観と調和した建築物、屋外広告物など
  • 富士山の景観を守り、育てていくための活動

『景観づくり活動部門』

  • 良好な景観形成に寄与する活動や市民に親しまれているイベント、まちづくり活動などで、魅力的な   景観をつくりだしているもの。また、景観上好ましくないものを取り除く活動

これまでの受賞地区

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 景観係

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所5階)

電話番号: 0544-22-1408

ファックス番号: 0544-22-1208

メール:toshi@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る