ここからサイトの主なメニューです
ここからページの本文です

環境月間ポスターコンクール

2021年06月14日掲載


 令和3年度環境月間ポスターコンクールには、小学生部門に2,827点、中学生部門に349点、合計で3,176点の作品が寄せられました。
 その中で、金賞、銀賞、銅賞、特別賞を受賞した作品を掲載いたします。なお、金賞、銀賞を受賞した作品は、ごみ収集車(パッカー車)の側面に掲示いたします。
 清掃センター特別賞を受賞した作品は、清掃センターの見学者に配布するパンフレットの表紙に掲載いたします。

6月10日表彰式が行われました。

小学生部門及び中学校部門受賞者の集合写真

小学生部門

中学生部門

小学生部門入賞作品

金賞  作者 芝富小学校2年 樋川 璃唯蘭さん 

小学校金賞の絵

本人コメント

エコバックをつかうことでプラスチックごみをへらし、きれいなちきゅうになって、みんながえがおになったらいいなというおもいをかきました。

銀賞  作者 貴船小学校6年 蛭川大嗣さん

小学校銀賞の絵

本人コメント

2050年に魚よりも海のごみが多くなるらしいので、海のごみが多くなっていることを天びんで表しました。

銅賞  作者 黒田小学校3年 遠藤結輝さん

小学校銅賞の絵

本人コメント

自分のはし、バック、ボトル(水とう)をもち歩くことでものを大切にして、ゴミをへらしてかんきょうをまもることを絵にしました。

清掃センター特別賞 作者 山宮小学校3年 永田仁子さん

清掃センター特別賞の絵

本人コメント

レジぶくろをエコバックに、リサイクルなどで、みんなで地きゅうを守りたいということをひょうげんしました。

中学生部門入賞作品

金賞  作者 芝川中学校3年 石川乃彩さん

中学校金賞の絵

本人コメント

砂漠を背景に綺麗な自然とたくさんの緑の景色が映ったフィルムを書きました。フィルムにすることで過去を現し、未来はもしかしたらこんな砂漠かもしれないということを表現しました。『緑を未来へ』という言葉を書き、未来へこの緑を残そうというメッセージにしました。

銀賞  作者 西富士中学校1年 渡邊葉月さん

中学校銀賞の絵

本人コメント

地球温暖化の影響で気温が上がり、住む場所が減ってきているホッキョクグマを例にし、ひとりひとりが意識して、温暖化をとめよう!という思いを表現しました。

銅賞  作者 大富士中学校2年 芦川都さん

中学校銅賞の絵

本人コメント

人間が捨てた海のゴミを魚が食べてしまい、その魚を人間が食べてしまい、結局は自分に返ってきて後悔するというのを表現しました。このようになってしまうのもそう遠くはないのかなと思いました。

Adobe Reader

マークが付いているページをご覧いただくには“Adobe Reader”が必要です。
最新版のダウンロードはこちらのWebサイトよりお願いいたします。

お問い合わせ

環境部 環境企画課 環境エネルギー室

〒418-8601 静岡県富士宮市弓沢町150番地(市役所4階)

電話番号: 0544-22-1131

ファックス番号: 0544-22-1207

メール:kankikaku@city.fujinomiya.lg.jp

表示 : モバイル | パソコン

ページの先頭へ戻る